2011年10月20日

育毛シャンプー

最近の育毛シャンプーは3000円から4000円位しますね。
はっきり言ってとても高いです。
まあ、何回使えるかにもよりますが、
もうちょっと安くなってくれると大助かりなんですが。

だって、いいシャンプーだから毎日使いたいですからね。
使ってみれば良さは歴然としているので、
あとは値段が降りてくるのを待ちたいです。
posted by 美髪麗香 at 23:38| Comment(0) | シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

アミノ酸シャンプーの特徴について

いうまでもなく、使うシャンプーの種類によって一長一短がありますが、その中でもアミノ酸シャンプー適度な洗浄力を持っているので使いやすく、またきめ細かい泡立ちで洗い上がりが良いという特長を持っているんです。アミノ酸シャンプーでなく、例えば一般的な合成シャンプーの場合だと、確かに洗浄力は強いのですが、その分頭皮への刺激もまた強くなります。

すなわち、アミノ酸シャンプーの大きな特徴の1つに、「適度な洗浄力」というものが挙げられます。また一方で、せっけんシャンプーの場合は肌に優しいものの、今度は洗浄力が弱くて十分に汚れが落ちないというデメリットがあるわけです。

石けんシャンプーの場合、健康な頭皮の人にはあまり大きな影響はないかもしれませんが、すでに頭皮トラブルを抱えている人や、または敏感肌の人にとっては大きな負担となる場合があります。

アミノ酸シャンプーは強すぎず弱すぎないほどよい洗浄力が、頭皮へのダメージを抑えてくれます。
posted by 美髪麗香 at 20:11| Comment(0) | シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

シリコンシャンプーの害について

シリコンシャンプーが一般に良くないと言われている訳は。見た目の良さか中身の良さかというところですが、普段はやはりノンシリコンのシャンプーとコンデショナーを使った方が髪にとっては良いと思います。ただ、シリコンにもいろいろな物があり変性シリコンのように水溶性のものもあります。確かに、シリコンは髪についた汚れを洗い落とすという役割は有りませんし髪の毛の本来持っている力を伸ばすことはないわけです。

人によってはこの市販のシャンプーが合うとか合わないとか言うことがあると思いますが、本来、髪の毛をコーティングすることが髪に良いかどうかは意見の分かれるところでありますし、そればかりに頼っていると髪の痛みを進行させてしまうことがあるそうです。でも、一概にシリコンが悪い訳でなく目的に合わせて適量の成分であれば髪に艶を出したり髪をコートしたりする作用も有ります。このことが髪の毛をコーティングすることになる訳です。髪の毛をコーティングして艶を出したり滑らかにしてくれるのでシャンプーには欠かせない成分のようです。

いろんなシリコンが入っているわけですが、それが髪自体に良い効果がある訳ではありません。もし近くにお使いになっているシャンプーがあるならご覧になって欲しいのですが、成分にジメチコン、ジメチコンコポリオール、フェニルトリメチコン、シクロメチコン、コポリマー(アミノエチルアミノプロビルメチコン)シリカ、アモジメチコン シロキなど書いてあると思います。シリコンが髪の表面について流れ落ちる時にキューティクルも一緒に剥れ落としてしまうと言われているからです。シリコン系のシャンプーなどで髪をコーティングすることが良いか悪いかは考えなければならないところですが、しかし、今使っているシャンプーが合わず、いろいろ試していると言うのであればノンシリコンシャンプーを使ってみる事は正解だと思います。

髪の毛が痛むと当然、自身の自然治癒力で直そうとする訳ですがシリコンでコーティングするとその力を妨げると言う人もいます。シリコンの入っていないシャンプーのことに間違いはないのですが、市販のほとんどのシャンプーにシリコンが入っているようです。シリコンが髪に付きやすいのは水に溶けないシリコンが水分がタップリの中で行き場をなくし、同じく水と混じりにくい髪にくっいてしまうと考えられているからです。
posted by 美髪麗香 at 19:42| Comment(0) | シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。